スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕組みの改善・構築って難しい


いやはや、相当久しぶりの記事になってしまった。
特に理由はないと思うのだが、無意識に何か思うところがあったのかもしれない。

気付けば年が明け、2014年となった。

相変わらず某システムの保守を続けており、
目下だらけきったシステム開発プロセスの改善・構築が
自分の裏タスクとして継続していくことと思う。

今までに基本的なシステム開発の考え方がないところに
そのベースから構築していくことはやはり容易ではなく、
つくづく仕組みの改善・構築って難しいなと感じている。

年度末までに次年度に向けた方針だったりというものを決めて、
4月からは大きな飛躍をしたいと思っているのだが、果たしてどうなるか。

日々少しずつでも改善できたらと思う。

スポンサーサイト

地震速報の難しさ


過大に出てしまったのなら、まだいい方ではないか。

緊急地震速報の誤報 気象庁、原因を調査 - MSN産経ニュース

今度制度をあげていく努力はもちろんすべきだと思う。


地震速報でまず大事なのが精度。
間違いなく地震が起こることを伝える必要がある。

その次に大事なのが、地震が起こることを知らせられない事態を避けることではないか。
小さい地震であっても、今回の様に有感の揺れはなくても、
「地震がある」ことを伝えられたのであれば、まず良しとしたい。

アナログな地震波をデジタル化して速報を出す以上、どうしても誤差は付き物。
その誤差が、間違って地震があることを伝えちゃいました、の方がよいではないか。
地震があったのに、伝えられないよりは。


だが、あんまりこれが続くと地震速報の信頼度にもかかわるので、
精度向上は急いだ方が懸命だと思う。


RSS Reader後継は「Feedly」


RSS Readerとして長年Google Readerを愛用してきたが、
先月そのサービスが終了してしまった。

あるシステム屋による開発の記録 Google Readerが7月1日に終了

その後継のサービスを探す必要があったのだが、
色々使ってみて一番使い勝手がよさそうだった「Feedly」を使ってみている。

Feedly

Google Readerの後継サービスとしてのFeedly


Google Readerのサービス終了前であれば、データの移行が行えたのだが、
今となっては後の祭りか。
# ぼくは6月の後半くらいからGoogle ReaderとこのFeedlyを併用していたので、
# データの移行を行うことができていた。

一時期まではGoogle Readerとのデータの同期を行っていたようだったが、
Google Readerのサービス終了の一週間くらい前から同期しなくなった模様。

ただ、今でもGoogleのアカウントを認証に使用しているようで、
使いはじめるときにGoogleアカウントでのログインを求められる。

Feedlyの操作感


UIはGoogle Readerに似せて作られているのか、ほぼ違和感なく操作することができる。
スマートフォン用のインタフェースもあり(専用アプリあり↓)、
Feedly: Your Google Reader, Youtube, Google News, RSS News Reader for iPhone, iPod touch, and iPad on the iTunes App Store
どちらかというとGoogle Readerよりもさくさく操作できる印象がある。

難があるとすれば、フィードの管理面か。

「古い記事を最初に表示する」等の設定が全体で一括では行えず、
フィードごとに設定する必要がある。
また、既読にした記事を未読に戻したいときの操作が分かりづらかった。
→PCでは記事を開いて「keep unread」のリンクを押下。
 スマフォアプリでは同じく記事を開いて、外部連携用のアイコン(四角が3つ縦に並んだアイコン)を押下し、
 開いたダイアログで「○」のアイコンを押下すると未読に戻る。

フィードの追加やカテゴリ変更等もGoogle Readerより面倒な印象がある。
# 慣れの問題かもしれない。

あとは、全体的に英語のみのため、多少英語が分かる必要がある。
# 記事は日本語でちゃんと表示される。

総合評価


Google Readerの後継サービスとして十分やっていけると感じている。
実際、多くのユーザがGoogle Readerから移行したようで、
利用者数が大幅に増加しているとのこと。

使い続けていこうと思う。


70万PV...


当ブログのPVが70万PVに到達した。
アクセス解析を見ると、到達したのは2,3日前のことのようだ。

ここ数ヶ月ほど、記事を書く機会自体がなくなってしまい、お恥ずかしい限り。

とはいえ自分次第でもあるので、機会を作って今の開発で気付いたことや、
気になるニュース、業界の話題(?)とかについて色々コメントしたり考えたりしたことを
記事にできていけたらいいかなと思う。


60万PV : 60万PV到達〜
50万PV : いつの間にやら50万ページビュー到達!!!
40万PV : 40万ページビュー到達!
30万PV : 30万ページビュー到達
20万PV : 20万ページビュー到達
10万PV : 10万ページビュー到達!??


久しぶりに開発の作業


さて、最近久しぶりにいわゆる開発の作業をしている。

今までは仕様の調整だったり、お客さんとのやり取りがメインで、
なかなか自分でプログラムを書くということがなかった。
今のプロジェクトでコードを触るのは2年ぶりくらいかな。

久しぶりにコードを触って、細かいところでいろいろ気づくところもあると思うので、
またいろんなノウハウをことサイトで書いていけたらいいかなと思う。

Google Readerが7月1日に終了


今さらではあるが、愛用しているGoogle Readerが7月1日に終了してしまうとのこと。

Google Reader、7月1日でサービス終了 | スラッシュドット・ジャパン IT
GoogleのRSSリーダー「Googleリーダー」が7月1日でサービス終了 - GIGAZINE
グーグル、「Google Reader」を米国時間7月1日に終了へ - CNET Japan

米国時間で7月1日なので、日本では実質6月30日にサービスが終了すると思っておいたほうがよいだろう。

Googleはこのタイミングで様々なサービスの終了を予定しているとのこと。

ニュース - Googleが“春の大掃除第2弾”、Google Readerなどの提供停止へ:ITpro

この余派を受けてサービス提供が終了するものも多くある模様。

RSSリーダー「FeedDemon」、「Google Reader」終了で開発に終止符 - CNET Japan


Google Readerの終了を受け、ほかのRSSサービスへの乗換えがすでに始まっている。
ぼくもいずれどこかに乗り換えなきゃならんのだけど、どこがいいんだろう。

ポストGoogle Readerを探せ--引越先にお勧めのフィードリーダ7選 - CNET Japan
RSSアプリの「Feedly」、「Google Reader」終了発表で50万人以上の新規ユーザーを獲得 - CNET Japan
Googleリーダーの後継サービス筆頭Feedlyに48時間で50万件の新規登録 - GIGAZINE
ニュース - RSSリーダーのFeedly、Google Readerから50万人のユーザーを獲得:ITpro
「Google Reader」亡き後、どれに乗り換えるべきかTwitterで投票するサイト「ReplaceReader」 - GIGAZINE
Googleリーダーサービス終了につき。乗り換えるための選択肢(サービス or オープンソース)|オープンソース・ソフトウェア、ITニュースを毎日紹介するエンジニア、デザイナー向けブログ
ヤフー、Googleリーダー引っ越しツールの提供を開始 | スラッシュドット・ジャパン IT
「Google Reader」に代わるリーダーを作る--Digg、開発計画を明らかに - CNET Japan
ニュース - Yahoo! JAPANが「Googleリーダー引っ越しツール」を“爆速”で提供開始:ITpro

Google Readerの存続を望む声も多い模様。
また、有料サービスになっても、2割の人は同等のサービスを使用したいとの記事もある。

ニュース - Google Reader存続を望む嘆願活動に多数の署名:ITpro
Googleリーダー終了の波紋 | web R25
ニュース - Google Reader終了で、2割は「有償でも同等サービス」を希望:ITpro

むー、どこにしようかのう。


勉強する理由


「勉強する理由」
2010年読了。

いわゆる受験のための勉強に関する本。
「勉強」に対する考え方や姿勢とかのヒントが色々と書かれている。

ぼくが期待していたのは受験勉強ではなく、社会人になってからやるような勉強、というか学習に対する考え方とかだったので、
ちょっと的外れだったかなという印象。

子どもが大きくなって受験するようになってから読み返してみると
色々思うところもあるかなとは思ったけど、
いまの自分にはあんまり得るものがないかなぁ残念ながらと感じた。


Google Chromeの複数タブをひとつのタブにリンク集としてまとめてくれる拡張機能


OneTab extension for Google Chrome - save 95% memory and reduce tab clutter

上記リンク先で、「To install OneTab into Google Chrome in under 5 seconds, click here」の"click here"のリンクを押下するとChromeに追加するかどうかを聞かれるので、
「追加」ボタンを押下するとChromeの拡張機能として追加される。

使い方は簡単で、拡張機能として追加された"OneTab"のアイコンをクリックするだけ。
これで、Chromeで開いていた全タブが"OneTab"という名称のタブに集約される。
中身を見てみると、今まで開いていたタブがリンク集のようになっている。

嬉しいのは、単なるリンク集ではなく、再度別タブとして開くにはリンクをクリックするだけでよく、
クリックすると"OneTab"のタブを開いたままで別タブとして押下したサイトを開いてくれるところ。
また、別タブとして開くとそのリンクは"OneTab"のタブからは消える。
リンク集を作成したタブ数もちゃんと1減るという細かさ。

集約されたタブ数や、生成日もあわせて情報として残る。
"OneTab"のタブが存在する状態で、再度OneTabの拡張機能を起動した場合、
同じタブ内の上に別グループとして追加されるのもうれしい。
"Restore all"や"Delete all"等、まとめて開く、まとめて削除もできるため、何かと便利そう。


インラインビューを使ったUPDATE文で"ORA-01779: キー保存されていない表にマップする列は変更できません"のエラーが出る場合の対処法


ORA-01779の回避方法

インラインビューを使ったUPDATE文を実行しようとして

SQL実行中に以下のエラーが発生しました。
ORA-01779: キー保存されていない表にマップする列は変更できません

のエラーが表示されることがある。

これは、インラインビューを使った更新処理において、
更新対象の項目が複数回にわたって更新される可能性がある場合に表示される。
簡単な例だと、ヘッダ-明細形式のテーブル構成を持つ複数のテーブルを結合してインラインビューでUPDATE文を記述した場合に、
ヘッダ側のテーブルのカラムをSET文に含めるとこのエラーが表示されるようだ。

なるほど最もな理由だが、これを回避するのは比較的簡単。
インラインビューのSELECT句に

/*+ BYPASS_UJVC */

を含めるだけで良い。
SELECT句の先頭に、前後に半角スペース等を空けて記載すればOK。
後ろのカンマは不要。

Oracle:Update時に、ORA-01779: キー保存されていない表にマップする列は変更できません のエラーが発生

これでORA-01779のエラーは回避できるようになるが、
更新対象が複数行にわたる場合はその行数分更新処理が行われることになるため、
SET句の記述方法によっては注意が必要なケースがあるかもしれない。
SET句が固定地である場合は単純に上書かれるだけなので、
大きな問題にはならないだろう。

補足1:オプティマイザ・ヒント

ちなみに、この

/*+ XXXXXXXXXX */

という記法は、Oracelのオプティマイザ・ヒントと呼ばれるもので、
使用するインデックスを明示的に指定したり、
FROM句のテーブルの結合順を指定したりできる。

SQLチューニングの必須知識を総ざらい(後編)(3/3) - @IT

補足2:"UJVC"について

さらにちなみに、「BYPASS_UJVC」の「UJVC」は、「Updatable Join View Check」の略。
インラインビューが条件付きで更新可能な場合、常に上書きで更新してくださいねってことだろうか。

まったり開発日誌 BYPASS_UJVC(Updatable Join View Check)

インラインビューを使ったUPDATE文


SQLのUPDATE文は、単一テーブルに対するカラム更新というのが基本だが、
以下のように更新対象がビューであっても条件付きで更新可能になる。

UPDATE [VIEW_NAME] SET [COLUMN_NAME] = [VALUE]
※ [VIEW_NAME]の部分は、SELECT文でも可。

ただし、対象VIEWおよびSELECT文には集合関数やDISTINCT句等を含んでいてはならないという条件があったりする。

UPDATE - オラクル・Oracle SQL 入門
VIEW - オラクル・Oracleをマスターするための基本と仕組み

(あんまりよくないんだけど、)インラインビューは運用保守をやっていてデータパッチをするときに威力を発揮する。
SELECT文でデータを探したり検証したりして、いざデータパッチを行うときには
そのままインラインビューとしてUPDATE文を書いてしまえる。


Adsense
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
feedmeter & あわせて読みたい
フィードメーター - あるシステム屋によるJava開発の記録
あわせて読みたいブログパーツ
プロフィール

kamii

Author:kamii
ピタゴラスイッチ好きなシステム開発屋@二児の父です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
checker
ページランク


ブログチャート
現在時刻
全エントリ表示

全てのエントリを表示する

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。