スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eclipseももうver.4.2かぁ


Eclipseももう4.2が出ているのだという。

ついにメジャーバージョンUP! Eclipse 4.2の新機能7選 (1/2) - @IT

ここ数年、メインでは開発をやらなくなってしまったので、
この手の技術系の情報に疎くなってしまったのだが、
いろいろと新しい機能とかもあるようだ。

Eclipseといえば、IDEとしていろんな言語、いろんなプラットフォームでの開発を行うことができる反面、
バージョンが上がり、その機能、プラグインが増えるにつれて、
Eclipseを動作させるためのマシンスペックも上がってしまっている印象がある。
いろんなことをある程度自動的に行うためには
それなりのCPU性能、それなりのメモリ容量が必要だというのは十分わかるのだが、
もう少し何とかならんもんだろうかと思ってしまう。

それでもまぁ、Exclipseのない時代に比べれば贅沢すぎる悩みなんだろうなぁ。

スポンサーサイト

Eclipseプラグイン集"Limy"


JavaのIDEであるEclipseのプラグインは多岐にわたるが、
便利なプラグインをまとめて品質管理も行うことができる
"Limy"というものがあるらしい。

JUnit/FindBugs/PMDなどを総観できるQALab/Limy (1/3) - @IT

CheckStyleやFindBug、JUnitなど、よく使われているプラグインに加え、
品質レポートを作成したり、コーディングの傾向、癖なども知ることができる。


Eclipse 3.5


いまさらながらではあるが、
Eclipse 3.5が6月にリリースされている。

統合開発環境Eclipse 3.5リリース:CodeZine

ここのところ毎年6月に新しいバージョンがリリースされているEclipseだが、
ぼくが実際に使ったことがあるのは3.2まで。

実際の開発の現場では
開発で使用する各種ツールのバージョンを定めている場合が多く、
1年ごとに新しいバージョンが出ても
簡単には使えないんじゃないだろうか。

とはいえ新しい物がどんなものなのか、実際に使ってみたいとも思うので、
自宅で何か簡単なシステムを作れないか模索中。

時間がないのが一番のネックかな。。。


Eclipse 3.4入門


結局Eclipse 3.4をちゃんと使わないままになってしまっている。
いずれまたJavaをやることになったときのために、メモを残しておこう。

Eclipse 3.4のインストールと日本語化 ~Eclipse 3.4入門~:CodeZine

この記事はEclipse 3.4の入門編として書かれていて、
"Eclipseについて"とか、"Eclipse 3.4の新機能"とかいうことまで触れられているが、
インストールの手順も分かりやすく書かれており
それぞれのバージョン情報もおそらく現時点で最新のものだと思われる。

備忘録として。

2/10追記
シリーズ化しているようだったので、続編を追記。
Eclipse 3.4の各種設定と利用方法 ~Eclipse 3.4入門~ :CodeZine

2/22追記
第3回:
Eclipse 3.4プラグインのインストール/設定方法 ~Eclipse 3.4入門~ :CodeZine
第4回:
Eclipse 3.4でのアプリケーション開発方法(swing/JSP/サーブレット) ~Eclipse 3.4入門~:CodeZine

また、@itの、Eclipse3.4を使ったJavaの入門記事もよさげだった:
Eclipse 3.4で超簡単Javaプログラミング基礎入門 (1/5) - @IT

5/9追記
Eclipse3.4でのバージョン管理方法:subversion編:
Eclipse 3.4でのバーション管理方法(Subversion編) ~Eclipse 3.4入門~:CodeZine

Eclipse3.4でのバージョン管理方法:CVS編:
Eclipse 3.4でのバーション管理方法(CVS編) ~Eclipse 3.4入門~:CodeZine


ejb-jar.xmlに"Premature end of file"のエラー


lombozでEJB開発を行っていて、EJBのモジュールを作成したときに、
ejb-jar.xmlに"Premature end of file"のエラーがあると表示された。

このエラーはEclipseのHTMLエディタプラグイン"Amateras"が出力しているもので、
lombozのEJBモジュールを作成した直後はejb-jar.xmlは
空なのにも関わらずエラーが出ていた。

その状態でlombozの"ADD EJB to module"をやっても
"Generate EJB Classes"をやっても特に問題なく処理が行われたが、
上記エラーは消えず。

XMLファイルを作成した直後のAmaterasのXML文法解釈ミスだろうと推測して
再度解釈させようとしたが、やり方がよく分からない。

しょうがないのでejb-jar.xmlを直接手で適当に編集して保存してみると、
文法の解釈が行われ、上記エラーが消えた。
編集前の状態 = 最初と同じ状態に戻して再度保存してみても、エラーは起きなかった。

◆ 関連リンク
Amateras:
EclipseHTMLEditor - Project Amateras


Eclipseでプラグインを認識させる


Eclipseのバージョンによっては、
プラグインをインストールしてEclipseを再起動しても
プラグインを認識してくれない不具合(?)があるとのこと。

プラグイン - artemis.txt

どうやらEclipse3系でプラグインを認識しない不具合があるよう。

プラグイン情報を再構成すればいいみたいで、

configuration/org.eclipse.osgi/.bundledata

ファイルを削除するか、

configuration/config.ini に

osgi.checkConfiguration=True

の1行を追加すればだいじょうぶらしい。

これで強制的にプラグイン情報が再構成されるようだ。

他には、Eclipse起動時のオプションに、"-clean"をつけて起動する方法もある。


ぼくもEclipseがプラグインを認識してくれない問題に出くわしたことがあって、
実のところ上記のいずれの方法でも解決しなかったこともある。

Eclipseとプラグインのバージョンの
相性の問題とかもあったりするのでなんとも言えないが、
とりあえず備忘録としては残しておこう。


Eclipse + lomboz


既に時代遅れなのかもしれないが、
数年前から続くプロジェクトでEclipse 3.0.2に
lombozプラグインを導入して開発を行っている。

ちょっと前から別の場所で開発を行う必要が出てきて、
Eclipse 3.0.2なんて見当たらない。
# 探し方が悪かったのだろうか。。

苦肉の策で別端末に運よく入っていたEclipse 3.0.1を拝借した。
lombozプラグインはWEBからダウンロードできたので、
EMF(Eclipse Modeling Framework)とSDO(Service Data Objects)
(これらはlombozを利用するのに必須のプラグイン)も導入して
何とかEclipse + lombozが新しい環境でも使えるようになった。

やれやれ。


当初、Eclpise 3.2 + lomboz 3.2.2 でやってみようと思ったのだが、
EMFとかいろいろ入っているにもかかわらず、
lombozプラグインの設定メニューが反映されず(プラグインの一覧には出てくる)、
あきらめてしまった。
やはり手動でインストールするような古い(?)プラグインでは
何かと問題が出るものなのだろうか。
# これはインストールが自動化されても起こりうるものか。


lombozのダウンロードページ:
OW2 Forge: ファイルリスト
を見てみると、Ganymede(Eclipse 3.4)からはWTPに引き継がれたようで、
アーカイブはEuropa(Eclipse 3.3)までのものしか置いてない。

これを機に、Eclipse 3.4 + WTP で開発してみようかとも思ったが、
ここでEclipseのバージョンやらを変えるのはあまりにもリスキーだと判断し、
思いとどまることにした。

しばらくはlombozとの付き合いが続きそうだ。


Eclipse日本語化事情


Eclipse 3.4がリリースされてしばらく経つ。
Eclipseは、インストールしただけでは英語版であり、
日本語化するには言語パックを導入するなどの処理が必要になる。

その言語パックの提供元がEclipse 3.2以前とそれ以降で変わっている。

日本人のためのEclipseプロジェクトを知ってますか? (1/3) - @IT

3.2までは米国IBM社が作成し、無償提供されていたのだが、
3.3以降の言語パックはIBMでは作らないから、
コミュニティ主導で作ってねということだそうだ。

そこで日本ではPleiadesというオープンソースのソフトウェアが開発され、
これを使うことで3.3以降のEclipseを日本語化できる。

また、日本では「Eclipse Japan Working Group」という
ワーキンググループ発足し活動を行っている:
Eclipse Foundation に加盟している日本企業が、日本でのEclipseの普及・啓蒙と、企業レベルでの導入・普及に必要な要件の議論を目的としたワーキンググループです。2005年に発足しました

ここからさらにワーキンググループが派生し、
Eclipseの日本語化の効率化を図っているという。


こういう方々のおかげでぼくらがEclipseを
利用しやすくなっているわけで、すごくありがたく思う。

上記記事の最後で「Eclipse日本語化のコミュニティに参加しませんか?」
と誘いかけてくれているが、
まだ自分には敷居が高いかなと感じてしまう。

◆ 関連リンク
Pleiades:
Pleiades (Eclipse プラグイン日本語化プラグイン)
Eclipse Japan Working Group:
Main Page JP - Eclipsepedia


Eclipseの便利なショートカット


Eclipseの便利なショートカットが照会されている:

【コラム】イマドキのIDE事情 (34) Eclipseのショートカットを使いこなそう | エンタープライズ | マイコミジャーナル

既に知っているものもいくつかあるけど、
知らなくて、便利だ、これから使っていきたいというものも
いくつかあったのでメモ。

・インクリメンタルサーチ
Ctrl + J

・エディタの切り替え
Ctrl + E

※ いずれも、Eclipse 3.0.1 でも動作することを確認してある。

特に、インクリメンタルサーチは、その機能自体知らなかった…。
便利そうなので覚えておこう。

インクリメンタルサーチについて:
次をインクリメンタル検索


Ganymede詳細


Eclipse 3.4 リリース の続き、というか詳細。

Eclipse,年次集中リリース「Ganymede」で拡張ツール23種類を一斉リリース

こんだけ含まれるらしい:

・Buckminster Component Assembly 1.0.0
・Business Intelligence and Reporting Tools(BIRT)
・C/C++ Development Tooling(CDT)5.0.0
・Data Tools Platform 1.6RC5
・Device Debugging 1.0
・Dynamic Languages Toolkit
Eclipse Communication Framework Project 2.0.0
Eclipse Model Framework Technology(EMFT)
・Eclipse Modeling Framework(EMF)2.4.0
・Eclipse Packaging Project 1.0.0
・Eclipse Project 3.4
・Eclipse Web Tools Platform Project WTP 3.0.0
GEF - Graphical Editor Framework 3.4.0
・Graphical Modeling Framework 2.1.0
・Model Development Tools(MDT)1.1
・Model To Text(M2T)0.9.0
・Model-to-Model Transformation(M2M)Ganymede Simultaneous Release
・Mylyn 3.0
・Rich Ajax Platform RAP 1.1
・SOA Tools 1.0.0
・Subversive - SVN Team Provider
・Target Management 3.0
・Test and Performance Tools Platform Project




Adsense
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
feedmeter & あわせて読みたい
フィードメーター - あるシステム屋によるJava開発の記録
あわせて読みたいブログパーツ
プロフィール

kamii

Author:kamii
ピタゴラスイッチ好きなシステム開発屋@二児の父です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
checker
ページランク


ブログチャート
現在時刻
全エントリ表示

全てのエントリを表示する

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。