スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASP.NETで外部ファイルをincludeする方法


JSPでのincludeと同じようなことがASP.NETでもできる。
複数のASP.NETファイルに共通して記述される部分を切り出しておくことができる。

includeする側のASP.NETファイルに以下のように書く:

一見HTMLのコメントのようだが、この通りに記述する。
includeされるファイルは、例えばアプリケーションルートに
incとかいうフォルダを作ってその中に入れておく。
ファイル名は任意でよい。

上記の例のIncludeASP.aspxには共通化したい部分だけをそのまま記述する。
# 共通化したい部分を切り取って、別ファイルに貼り付けるだけで出来上がってしまう。


スポンサーサイト

ASP.NETでChartコントロールを使って円グラフを描く (2) -具体例-


ASP.NETでChartコントロールを使う (1) -導入-
でChartコントロール使用の準備ができたので、
実際にChartコントロールを使用してみる。

データソースを利用してグラフを描く場合はデータソースを用意する必要があるが、
とりあえずで表示させてみたい場合はデータ値を直書きすることもできる。

データソースを利用しない方法

例えば、以下のようにする:

・ChartTypeにグラフのタイプを設定する。今回は、Pie:円グラフ。
・Datapointで円グラフとして表示する要素をひとつずつ指定することができる。
 Colorで円グラフの色、BackSecondaryColorで第2の色を指定して、
 BackGradientStyleで二つの色の変化のさせ方を指定すると、
 まさにExcelのようなGradiationを効かせた円グラフを書くことができる。
 ※ この設定は、後に出てくる3Dの設定を有効にすると効かなくなるのかもしれない。
・Area3DStyleタグのEnable3Dをtrueに設定すると、立体的なグラフを描ける。

これで以下のような円グラフが表示される。

ChartImg1.png

続きを読む


ASP.NETでChartコントロールを使って円グラフを描く (1) -導入-


ASP.NET 3.5で使用できるChartコントロールを使ってみた。
いろんなことができて、きれいなグラフが描けるのだが、
まだまだ新しいコントロールであり、情報が少ないのが困りどころ。

導入の記事としては、以下のものが詳しい:
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/scottgublog/20081202aspnetchart/aspnetchart.html

サンプルプロジェクトもダウンロードすることができ、
Visual Studio 2008で動作するものとのことだが、
Visual Studio 2005でも、メニューバーの ファイル - 開く - Webサイト を選択して、
WebSampleフォルダを指定することで開いてそのまま起動することができた。


Chartコントロールを利用するには


Chartコントロールを利用するには、
ただChartコントロールをダウンロードすればよいというわけではなく、
web.configにいくつかの設定が必要のようだ。

具体的には、以下の2つの設定をweb.configに追記する必要があったようだ。


参考:
みみたんのメモWiki - プログラミング/CSharp/ASP.NET/Microsoft Chart Controls


ASPでラジオボタンを記述する


ASP.Netでのラジオボタンの定義方法。
RadioButtonListを使用する方法と、RadioButtonをGroupName属性でまとめる方法がある。

<asp:RadioButtonList ID="RadioButtonList1" runat="server">
<asp:ListItem Value="1">A</asp:ListItem>
<asp:ListItem Value="2">B</asp:ListItem>
<asp:ListItem Value="3">C</asp:ListItem>
</asp:RadioButtonList>

→ csファイルでは、RadioButtonList1.Textで、Valueの値が取得される。

<asp:RadioButton ID="Radio1" runat="server" Text="A" GroupName="Group" />
<asp:RadioButton ID="Radio2" runat="server" Text="B" GroupName="Group" />
<asp:RadioButton ID="Radio3" runat="server" Text="C" GroupName="Group" />

→ csファイルでは、Radio1*.Checkedで、それぞれのRadioButtonのチェックのtrue/falseが取得される。

前者は横並びできないが、後者はできる。

レイアウト的にはRadioButtonのほうが自由にできそうだけど、
RadioButtonだとラジオボタンのチェックのtrue/falseでしかその状態がわからないので、
値の取得方法がちょっと面倒。


Adsense
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
feedmeter & あわせて読みたい
フィードメーター - あるシステム屋によるJava開発の記録
あわせて読みたいブログパーツ
プロフィール

kamii

Author:kamii
ピタゴラスイッチ好きなシステム開発屋@二児の父です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
checker
ページランク


ブログチャート
現在時刻
全エントリ表示

全てのエントリを表示する

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。