スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Excel VBAで可変長リスト(Collection)を使用する


今開発しているシステムでExcel VBAで動く部分があり、
Excel VBAを初めて本格的にいじっている。

Excel VBAにもJavaやC#等のArrayListのような
可変長リストがないかと探してみたところ、
Collectionオブジェクトというのがそれに該当するようだ。

VBAで可変配列(Collectionオブジェクト)|ソフトウエア開発部(システム開発・システム設計 株式会社アイロベックス|東京都新宿区)

使用方法は以下のような感じ:


スポンサーサイト

Excel VBAでXMLHTTP50クラスを使用する


Excel VBAでWEBサービス等と通信する際に
XMLHTTP50クラスを使用することがある。

このクラスはVisual Basic Editorのデフォルトの設定のままでは使用できない。
使用できるようにするには、以下のように設定する:

メニューバーのツール - マクロ - Visual Basic Editorを選択し、
Microsoft Visual Basicを起動。
さらに、メニューバーのツール - 参照設定を選択
→ 参照設定ダイアログを表示し、以下をチェック:
・Microsoft Soap Type Library
・Microsoft XML, v5.0
※ SOAP通信を行うときは前者、POSTやGETで通信するときは後者となる


参考:
VBA 参照設定のお話 参照設定してから組み始めてね


Adsense
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
feedmeter & あわせて読みたい
フィードメーター - あるシステム屋によるJava開発の記録
あわせて読みたいブログパーツ
プロフィール

kamii

Author:kamii
ピタゴラスイッチ好きなシステム開発屋@二児の父です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
checker
ページランク


ブログチャート
現在時刻
全エントリ表示

全てのエントリを表示する

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。