スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ORA-00600が発生して解決できた具体例1


あるシステム屋によるJava開発の記録 ORA-00600の対処法ついて
で書いたように、ORA-00600は一度発生してしまうと解決するには
サポートに問い合わせるか他の実現方法に変更するかなどの手段しかなく、
なかなか厄介なエラーだ。

今までぼくも何度となくこのエラーに出くわしたことがあるが、
実際に解決できた例もあるので、記録しておこうと思う。


Oracleのオプティマイザがあほになっている


データの登録・更新・削除が繰り返し行われているテーブルでは
その度にインデックスの再構築も行われている。
これが何らかの理由でうまく行われないと(これが問題なんだけど…)、
オプティマイザがSQLの実行計画を正しく作成できなくなって
ORA-00600が発生してしまうことがある。

この場合は、問題が発生していると思われるテーブルとかスキーマに対して、
ANALYZEコマンドを実行してインデックスなどの
統計情報を再取得させると解決する。
SQL Plusなどのツールでもいいし、
OEM(Oracle Enterprise Manager)の画面からも実行できる。

◆ 関連リンク
オプティマイザについて:
オプティマイザの判断ミスを疑ってみよう(1/3) - @IT
スキーマ統計情報の収集について:
スキーマ統計情報 - オラクル・Oracleをマスターするための基本と仕組み

スポンサーサイト

コンピュータの物理的な計上を自在に変化させる?


こういうのを読むと、ほんまにできるんかいなと思ってしまう。

[IDF]「2050年までにマシンは人間にさらに近づく」,IntelのCTO:ITpro
 また,マイクロロボットの分野では,「catom」と呼ばれるマイクロロボットを数百万単位で連携させて,形状の変化に対応できる素材について研究しているという。コンピュータのきょう体,ディスプレイ,キーボードをcatomに置き換えることで,ユーザーの使用目的に合わせてコンピュータの物理的な形状を自在に変化させることが可能になる。たとえば,ポケットに入れるときには小さなモバイル・コンピュータが,携帯電話として使用するときには受話器のような形に変化し,またインターネットや映画鑑賞に使うときには,キーボードを備えた平らで大きな形に変化させる,といったことが可能になるという。

しかし、同じように数十年前に今の世の中に実在している技術が
予想されていたものだったかというとそうでないものが多いだろう。

技術革新は人間の生活を一変させる可能性を秘めており
いろいろな障害もついて回ると思うが、
万人の生活がより豊かになるのであれば
どんどん進めていってもらいたいと思う。

2050年には、どんな世の中になっているのだろう。
スター・トレックのような世界になっているのだろうか!??


Google One Green プロジェクト


参加してみることにした。

Google One Green プロジェクト

あるシステム屋によるJava開発の記録 できることから始めればいい
でも書いたように、小さいことでも環境にいいと思うことを
できることからやってみようというスタンスに共感したので。

さて、今日は何をしようか。


Eclipse日本語化事情


Eclipse 3.4がリリースされてしばらく経つ。
Eclipseは、インストールしただけでは英語版であり、
日本語化するには言語パックを導入するなどの処理が必要になる。

その言語パックの提供元がEclipse 3.2以前とそれ以降で変わっている。

日本人のためのEclipseプロジェクトを知ってますか? (1/3) - @IT

3.2までは米国IBM社が作成し、無償提供されていたのだが、
3.3以降の言語パックはIBMでは作らないから、
コミュニティ主導で作ってねということだそうだ。

そこで日本ではPleiadesというオープンソースのソフトウェアが開発され、
これを使うことで3.3以降のEclipseを日本語化できる。

また、日本では「Eclipse Japan Working Group」という
ワーキンググループ発足し活動を行っている:
Eclipse Foundation に加盟している日本企業が、日本でのEclipseの普及・啓蒙と、企業レベルでの導入・普及に必要な要件の議論を目的としたワーキンググループです。2005年に発足しました

ここからさらにワーキンググループが派生し、
Eclipseの日本語化の効率化を図っているという。


こういう方々のおかげでぼくらがEclipseを
利用しやすくなっているわけで、すごくありがたく思う。

上記記事の最後で「Eclipse日本語化のコミュニティに参加しませんか?」
と誘いかけてくれているが、
まだ自分には敷居が高いかなと感じてしまう。

◆ 関連リンク
Pleiades:
Pleiades (Eclipse プラグイン日本語化プラグイン)
Eclipse Japan Working Group:
Main Page JP - Eclipsepedia


WindowsでCUI


UnixとかMacをメインで使っていた頃は
CUIでPCを操作することも多かったけど、
最近は仕事でも自宅でもWindowsを使うことが多くなり
GUIでの操作が主でコマンドなんて
ほとんど知らない状態になってしまった。

GUIも確かに便利だけど、
WindowsでもCUIの方が使い勝手がいいこともあると思うので
これからちょこちょこ覚えていけたらなぁと思う。

手始めに…
Part1 コマンドプロンプト入門:ITpro

これくらいは知っとかんといかんだろうなぁ。


Windowsのコマンドって、Unix系とは微妙に違ってたりして困るときがある。
これは、プログラミング言語の場合と似てるなぁと思う。


Google Analyticsのデータ保存期間は25ヶ月?


Google Analyticsのデータ保存期間は25ヶ月とのこと。

Google Analyticsの過去データは25か月分しか保証されていない | Web担当者Forum

明記はされていないが、英語のヘルプには"少なくとも25か月分の…"という記述があるのだという。

現時点では、25か月を超えた過去のデータであっても消えることはないようです。しかし、料金を支払うことによってデータの保存期間を延長するよう なサービスも提供されていませんし、Urchinなどの他のサービスで再利用できる形でのデータのエクスポート機能なども提供されていません。

過去のデータに関しては、いつ確認できなくなっても不思議ではないという前提で、自分が必要な部分に関するCSVデータとしてダウンロードするなどして、バックアップしておいたほうがいいかもしれませんね。


このサイトでもGoogle Analyticsは使っていて、
(有効利用できてはいなさそうだけど)ちょくちょく見てはいるが
この制限のことは知らなかった。
ぼくの場合はまだ使い始めて数ヶ月なのでデータが消えるはずはないと思われるが、
いずれは消えてしまうこともあるのだろうか。

保証はない、ということか。


APサーバの設定ファイル


新しいアプリケーションをAPサーバに載せることになったのだが、
アプリケーションをデプロイしただけだとローカルからしか見れない。
外部からアクセスしたときは404のエラー画面が表示されてしまう。

APサーバには
mod_jk.conf
isapi_redirect.conf
workers.properties
などのような設定ファイルがあり、
ワーカとかリダイレクタと呼ばれるものの設定を行っておかないといけない。

新しくアプリケーションを追加した場合は、
それに対応するワーカが設定されていないと404になってしまう。
# 最初にAPサーバの設定をしたときにも同じようなことをしたはずだが
# すっかり失念してしまっていた。

どのAPサーバでも(例えばTomcatとか)だいたいの設定は同じのようだ:
mod_jkの使用方法

設定を有効にするには、APサーバの再起動ではなく、
マシン自体の再起動が必要らしい。(要確認)


空調服


まさに画期的なアイデアでは商品ではないだろうか。

第2回 エコ空調、究極は「人だけ涼しく」 - ECO JAPAN〈エコジャパン〉 - nikkei BPnet 環境ポータル

実際に買うこともできて、一部の企業とかでは既に採用されているという。

空調服-猛暑には空調服で冷却し熱中症、紫外線対策、暑い夜には空調ベッドで暑さ対策-

まだまだ改善点はあるようだけど、
消費電力はクーラーの30分の1以下というなんとも省エネな商品なだけに
今後広まっていくといいなぁと思う。


Strutsの<html:checkbox>と<html:multibox>


<html:checkbox>は単体のチェックボックスを一つのStringで、
<html:multibox>は複数のチェックボックスを一つのStringの配列で扱う。

初めて<html:multibox>を使ってみた。

<html:multibox>は以下のように書く:
<html:multibox property="MODEL_NAME.PROPERTY_NAME" styleId="STYLE_NAME" value="VALUE" /><label for="STYLE_NAME"/>項目名</label>

モデルMODEL_NAMEの属性PROPERTY_NAME
Stringの配列で定義しておくと、
チェックを入れたチェックボックスのvalue属性で指定した値が
ActionとかEJBとかでStringの配列で受け取れる。

チェックボックスの項目名を<label>で囲んでおくと、
それをクリックしたときにSTYLE_NAMEが等しいチェックボックスにチェックが入る。


OSアップデート


以前は自宅ではMacをよく使っていたのだが、
最近はWindowsを使うことが多くなった。

どちらの場合でも避けられないのがOSのアップデート。
MacでもWindowsでも正直面倒だと思うこともあるけど、
やっておかないとセキュリティホールなどがあった場合に問題になってしまう。

OSのアップデートをきっかけとした現代OS考 - builder by ZDNet Japan

ソフトウェアにはバグがつき物だというのは
システム開発に携わっている人なら誰でも分かることだと思うが、
これはOSでも例外ではない。
だからこそそれを修正するためのOSのアップデートが必要になる。

そう考えると、OSのアップデートが少々面倒でも
大目にみないといかんなぁと思った。


Adsense
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
feedmeter & あわせて読みたい
フィードメーター - あるシステム屋によるJava開発の記録
あわせて読みたいブログパーツ
プロフィール

kamii

Author:kamii
ピタゴラスイッチ好きなシステム開発屋@二児の父です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
checker
ページランク


ブログチャート
現在時刻
全エントリ表示

全てのエントリを表示する

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。