スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活が立ち行かなくなるほど収入が減っているという話


結婚して、子供育てて、家買って、、という、
まぁ普通の範疇に入るといえるであろう生活を送るのにも
支障が出るほど収入が減っているという話題がある。

35歳で年収300万以下 団塊ジュニアの苦難続き人生 (1/2) : J-CASTニュース

「35歳の年収は、10年前より200万円下がった」。2009年12月に発売された書籍『"35歳" を救え』(阪急コミュニケーションズ刊)が示した「現実」だ。低い年収で結婚をためらう男性、住宅ローンが支払えなくなり生活破綻する家庭。大学卒業時に直面した「就職氷河期」以来、団塊ジュニアは苦難の人生が続いている。

みんながみんな上記のような状況であるわけではなく、
一番状況が悪い例をとったものだとは思うが、
自分や自分の周りの状況を見ていると俄かには信じがたい状況だ。

仕事がないと言う声は2年位前からよく聞くようになったが、
仕事を選んでいるだけなんじゃないかなぁとか考えてしまう。
# こんなこと書いたら、いろんな人からお怒りの言葉をもらってしまうのだろうか。

上記の記事は、自己防衛には限界があり、政府による有効な対策が
早急に行われる必要があるとして終わっているが、
本当にそうなのかなぁ。

スポンサーサイト

雑経験の大切さについて - 無駄な経験はない


「無駄な経験はない」というのはぼくの一番好きな言葉で、
このブログでも何度か触れている:

あるシステム屋による開発の記録  無駄な経験はない


この言葉について、似たような意味の言葉を含めても
公の場で口にされているのを見たことも聞いたことも記憶になかったが、
つい先日、脳科学者の茂木健一郎さんがそのブログの中で触れられていた:

茂木健一郎 クオリア日記: 「雑経験」が大切なゆえん

茂木さんは「雑経験」という言葉を用いて、
およそ関係のないと思われる過去の経験が
実は後々になって生きてくることもあるのではないかと述べられている。

上記記事の最後の部分:

 どんな経験も、自分の脳回路という
「土」に投げ込んでいけば、熟成して
いつか助けてくれるかもしれない。

 「雑学」ならぬ、「雑経験」
が大切なゆえんである。

が印象的。

まさにぼくが「無駄な経験はない」という言葉で
感じていることと一致しているように思う。


Syntax Highlighterを使用してみている


少し前からのことになるが、
このブログでもSyntaxHighlighterを導入して
作成したコードを紹介するときに使ってみることにした。

ダウンロードはこちらから:

SyntaxHighlighter - Alex Gorbatchev

SyntaxHighlighterについての説明や使用方法も上記サイトに書かれているが、
何分英語なので少々分かりにくいかもしれない。

日本語で使用方法等が書かれているサイトも多くあるようで、
ぼくが参考にしたのは以下のサイトあたり:

SyntaxHighlighter を 1.5 から 2.0 にバージョンアップしてみる - hatena chips

SyntaxHighlighter2.0の使い方 | Web制作支援 | ShanaBrian Official Website

特にFC2ブログで導入するのであれば、一つ目の方が参考になると思う。


で、このSyntaxHighlighterだが、
記述方法がver 1.5と2.0とで大きく変わっていることもあってか、
記事によって使用方法がまちまちだったりしている。
2.0の新しいライブラリを使いつつ、1.5の旧記法でも記述できるために、
その差が出ているようだ。

このブログで使っているのも、新しいライブラリを使いつつ、
記法としては1.5のものを使用するやり方だ。

というのは、新しい

を使った記法だと、記法としては簡単になるようだが、
SyntaxHighlighterを使った表示に切り替わるのが
ページを全て読み込んだ後であり、
タイムラグが発生してしまうからだ。

具体的にはSyntaxHighlighter.HighlightAllを使用して、

のように記述している。

この記法で記述するためには、shLegacy.jsを読み込んでおく必要があり、
shCore.jsはSyntaxHighlighterを使用するためには必須のライブラリとなる。
残りのshBrushXXXXX.jsについては必要に応じて読み込むことになる。
例えば、C#のコードを記述する場合には、shBrushCSharp.jsを読み込む。

上記のコードを記述する箇所は、
FC2では<div id="more"><%topentry_more></div>のすぐ下あたりがよいようだ。


Choice Screen


IEがPC向けブラウザを独占しているとして、
インストールしてデフォルトに設定するブラウザを選択できる
「Choice Screen」という仕組みがMicrosoftによって提供されるとのこと。

2009年のブラウザシェア、IEは約8%減--Net Applications調査:ニュース - CNET Japan

上記記事はブラウザのシェアに関するものだが、
一番最後の以下の記述が冒頭に書いた部分。

 また欧州では、Microsoftのブラウザをめぐる環境に暗雲が垂れ込めている。2007年、IEがデスクトップ向けブラウザを独占しているとして、ノルウェーに本社を置くOpera SoftwareがMicrosoftを調査するよう欧州委員会に働きかけた。欧州委員会を納得させるため、Microsoftはブラウザ12種類を表示する「Choice Screen」(選択画面)を用意し、インストールしてデフォルトに設定するブラウザをユーザーに選ばせる措置を取ることが決まった。Choice Screenがどのような影響を及ぼすかはまだはっきりしないが、Net Applicationsでは、これにより欧州のブラウザ市場シェアが大きく変わると考えている。

記事内では12種類のブラウザを表示することとなっているが、
何が含まれるんだろうか。

確かにWindows PCを購入すると、それほど詳しくない人やこだわらない人は
プレインストールされているIEをデフォルトブラウザとしてそのまま使っているのかもしれない。

Choice Screenのような仕組みができてくると、
ブラウザのシェアがどうなるかという点では面白いかもしれない。


ブログ開設2周年!!


気がついたらブログ開設2周年を迎えていた。
2008/1/17に開設したこのブログも
記事数で言えば450個を超え、
PV的にもこの1年では約83,000、トータルでは130,000と
徐々にではあるがその数字を伸ばすことができた。

何より、記事を書いていくことで、
自分の中でのデータベースを確実に大きくしていけているということが嬉しい。

そして、そんな記事を読んだ方の作業の一助となっているのであればなお嬉しい。


これからもこの調子で。


年明けから忙しい日々


年明けから忙しい日々が続いている。

システム開発ではどうしても忙しくならざるを得ない状況もあり、
開始当初からずっと携わっているシステムで
そういう状況になるのであればまだ耐えられると思うのだが、
この年始から参画しているプロジェクトでは
トラブル発生に伴って増員されているような部分があり、
状況としてはなかなか厳しいものがある。

終わりが見えている忙しさとか、
その日の作業、スケジュール感が見えている状態であればまだいいのだが、
とりあえずの作業をこなして、完了したらはい次、というのではたまらない。

うーむ、どうにかならないだろうか。。。


オリオン座の一等星「ベテルギウス」が近々超新星爆発する可能性


オリオン座の向かって左上の赤く明るい一等星である「ベテルギウス」が
近々超新星爆発を起こす可能性があるという。

asahi.com(朝日新聞社):ベテルギウスに爆発の兆候 大きさ急減、表面でこぼこ - サイエンス

 オリオン座の1等星「ベテルギウス」で、超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測されている。米航空宇宙局(NASA)が6日に公開した画像には、星の表面の盛り上がりとみられる二つの大きな白い模様が写っていた。この15年で大きさが15%減ったという報告もあり、専門家は「爆発は数万年後かもしれないが、明日でもおかしくない」と話す。もし爆発すれば、満月ほどの明るさになり、昼でも見えるようになる。

爆発すれば満月ほどの明るさになってしまうとのことで、
いろんな天文現象の見え方が変わってくるだろう。

流星も見にくくなってしまうかもしれないなぁ。


2010年問題


2010年問題というのがあったらしい。

豪のクイーンズランド銀行で2010年問題が発生 - スラッシュドット・ジャパン

「2000年問題」が10年遅れてオーストラリアを直撃、金融システムが大混乱に陥る - GIGAZINE

オーストラリアの銀行で2010年になった途端2016年になったとシステムが誤認識して、
システムの一部(クレジットカード関連の処理)が使用できなくなってしまったとのこと。

スラッシュドットの記事では、日付の処理において10進数を16進数と間違えたためかとしており、
2000年問題の対応による改修が原因かと記述されている。

原因は定かではないのかもしれないが、
世界的に大きな問題となると予想された2000年問題での対応が
このような問題を起こしてしまったのかもしれないと考えると、
なんとも皮肉な話だと感じる。

テストをしっかりと行っておけば防げた問題なのかもしれないが、
どこまでテストをするのかという課題もあり、
難しいところなのだろうか。


年初から新プロジェクトに参画している


初めて携帯から投稿してみることにする。

今年からまた参画するプロジェクトが変わり、
再びJavaで開発することになった。

少々やりにくいのは、メーカー独自のフレームワークが使われていて、
それに準拠した開発をせざるを得ないことと、
プロジェクトとしては既にシステムテストのフェーズまで来ていて
他の人が作ったソースを読む必要があること。

APサーバとDBは今までに少し使ったことのあるものだったのでよかった。

入っていきなり忙しい状態で面食らったが、
徐々に改善して行ければいいなあと思う。


細菌が存在する世界の方が寧ろ普通である


幼少期に多くの細菌に晒された方が子供は健康に育つ でも述べているように、
衛生的だという理由で過剰に殺菌や滅菌とかに拘っても
必ずしも我々にとって好ましい結果が得られるわけではないようだ。

人間の保有する細菌、先進国では激減中? - スラッシュドット・ジャパン

人間の健康と保有細菌の間には密な関係があると考えられている。例えばヘリコバクター・ピロリ菌保有者の方が小児ぜんそくやアレルギー性鼻炎のリスクが低いことが分かっているという。また細菌がグレリンというホルモンを媒介することで空腹や脂肪の成長が制御されることから、若年期の肥満や 2型糖尿病、またそれに関連するメタボリックシンドロームの増加と関連があると考える研究者もいるとのこと。

細菌がいることが「汚い」と言ってしまうと
何か避けるべきもののように聞こえてしまうが、
我々が暮らす世界では細菌がいることがむしろ普通なのであり、
我々に害を及ぼさないのであればそれほど神経質になって
殺菌・滅菌する必要はないのではないだろうか。


Adsense
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
feedmeter & あわせて読みたい
フィードメーター - あるシステム屋によるJava開発の記録
あわせて読みたいブログパーツ
プロフィール

kamii

Author:kamii
ピタゴラスイッチ好きなシステム開発屋@二児の父です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
checker
ページランク


ブログチャート
現在時刻
全エントリ表示

全てのエントリを表示する

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。