スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSS Reader後継は「Feedly」


RSS Readerとして長年Google Readerを愛用してきたが、
先月そのサービスが終了してしまった。

あるシステム屋による開発の記録 Google Readerが7月1日に終了

その後継のサービスを探す必要があったのだが、
色々使ってみて一番使い勝手がよさそうだった「Feedly」を使ってみている。

Feedly

Google Readerの後継サービスとしてのFeedly


Google Readerのサービス終了前であれば、データの移行が行えたのだが、
今となっては後の祭りか。
# ぼくは6月の後半くらいからGoogle ReaderとこのFeedlyを併用していたので、
# データの移行を行うことができていた。

一時期まではGoogle Readerとのデータの同期を行っていたようだったが、
Google Readerのサービス終了の一週間くらい前から同期しなくなった模様。

ただ、今でもGoogleのアカウントを認証に使用しているようで、
使いはじめるときにGoogleアカウントでのログインを求められる。

Feedlyの操作感


UIはGoogle Readerに似せて作られているのか、ほぼ違和感なく操作することができる。
スマートフォン用のインタフェースもあり(専用アプリあり↓)、
Feedly: Your Google Reader, Youtube, Google News, RSS News Reader for iPhone, iPod touch, and iPad on the iTunes App Store
どちらかというとGoogle Readerよりもさくさく操作できる印象がある。

難があるとすれば、フィードの管理面か。

「古い記事を最初に表示する」等の設定が全体で一括では行えず、
フィードごとに設定する必要がある。
また、既読にした記事を未読に戻したいときの操作が分かりづらかった。
→PCでは記事を開いて「keep unread」のリンクを押下。
 スマフォアプリでは同じく記事を開いて、外部連携用のアイコン(四角が3つ縦に並んだアイコン)を押下し、
 開いたダイアログで「○」のアイコンを押下すると未読に戻る。

フィードの追加やカテゴリ変更等もGoogle Readerより面倒な印象がある。
# 慣れの問題かもしれない。

あとは、全体的に英語のみのため、多少英語が分かる必要がある。
# 記事は日本語でちゃんと表示される。

総合評価


Google Readerの後継サービスとして十分やっていけると感じている。
実際、多くのユーザがGoogle Readerから移行したようで、
利用者数が大幅に増加しているとのこと。

使い続けていこうと思う。


コメントの投稿

非公開コメント

Adsense
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
feedmeter & あわせて読みたい
フィードメーター - あるシステム屋によるJava開発の記録
あわせて読みたいブログパーツ
プロフィール

kamii

Author:kamii
ピタゴラスイッチ好きなシステム開発屋@二児の父です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
checker
ページランク


ブログチャート
現在時刻
全エントリ表示

全てのエントリを表示する

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。